チェ・スンヒョンは彼のpを優先すると言いました彼の役割の量に憤慨している.ワンシーンでも観客に強烈な存在感を与えたい

イ・ジェフンの次回作についてイ・ジェフン代表は「所属事務所で話し合った内容をもとに俳優と協議し

ペク・ジニは「映画が好きな子供たちや青少年たちと一緒に良い映画スターになることを夢見る10代の若者として